2007年6月 6日 (水)

無責任な死・・・

どうしても、書いてる時間が少なくってネタが遅れてしまうんですが。。。

今回のテーマはなんとか還元水のあの人の自殺です。

もう、このニュースが世界中に広まって、しばらく経ちましたが、皆さんは今回のこの出来事をどう考えておられるだろうか??

個人的には「開いた口がふさがらない、情けない」といった感想しか出てこない。同情すべき点が全くないわけではない。彼の場合は農政族の中でもかなりのやり手だったらしい。今進めている農業の自由化に関する案件でも世界と対等に交渉できるの力を持っているのは彼くらいだという声すら挙がっている。それだけに、本業以外で負の脚光を浴びたことは非常に残念だ。

だからといって、一連の「政治とカネ」の問題がなくなるわけではない。彼は死を以ってこの問題をチャラにしてしまった。ほんとに政治家として最悪の幕引きをしてしまった。多くの人が考えているように最初から本当のことを言ってしまえばこんなことにはならなかったはずだ。

しかし、今回の死がもつ意味というのは非常に大きなものがあるような気がする。というのも、今回の彼の死でもって一連の疑惑を自ら認めることになったからである。本当に彼の一連の疑惑に対して自らの身の潔白を主張し、野党からの証拠提出要求に応じ、国民にわかりやすく説明したなら彼はこのような決断をする必要はなかった。しかし、彼は一貫して「法律」を盾に言い訳を続け、自分で自分の首を締めていったのである。

法律に則っているからそれがすべて正しいのか。それは違うことだと思う。法律がそれ以上の公開を要求してなくても、国民が知りたがっている、その説明を求められている、こういう状況では法律より、そういった要求のほうに答えるべきだったのである。それを「なんとか還元水」とか説得力にかける答弁でますます国民の不信を招いた責任は重大である。だからといって、その責任を死でもって償うのは一番許されないことだ。

さらに松岡氏が自殺してしまい、遺書らしきものを残しているが、国民にあてたものは中身が公開されたが、総理宛などの遺書に関する内容が全く伝わってこない。中身を公開するまでしないくとも、概要は公開すべきではないか?

それより無責任なのは、すべては妻が知っている、ということである。彼はどこまで無責任なんだろうか。結局、自分でたねを作っておきながら事後処理は妻に任せる。これが政治家、それどころか現職の国務大臣がすることだろうか。無責任極まりない。

また、こういった閣僚を任命した安倍総理の責任も重大だと思う。何より、疑惑のもたれた閣僚を更迭するどころか、閣僚を擁護する発言を繰り返すとは到底、許されるものではない。これでは総理の責任問題がささやかれるのも無理はないだろう。

この安倍内閣が出来上がった時に組閣の時にいわれた言葉がふと思い浮かんだ。

「論功行賞内閣」

政権発足時に幾度となく聞かれた言葉だ。現段階では、この組閣が裏目に出たと言わざるをえないだろう。もともと安部総理と松岡氏はこれといったつながりはなかったそうだ。しかし、安倍氏が総裁選に出馬すると同時に会派をまとめ、いち早く「安倍支持」を示したのが松岡氏だったらしい。そして、安倍氏は農政族の一人であるにも関わらず、閣僚として迎えられたらしい。

そして、この疑惑がわきあがっても安倍総理は一貫して松岡氏を擁護し続けた。この行動が今となっては大きな分岐点となっていた。あの時、総理が更迭をするなり、説明責任を果たすように促すだけでも結果は変わっていたはずだ。

しかし、「政治とカネ」の問題を考える時には大きなとばっちりがあるのも事実だ。野党はこれまでこれでもかとばかりに「政治とカネ」の問題を追及してきた。それが、一番の相手でもあった松岡氏の死を受けて野党は今後どういう戦法を取ってくるのだろう。

当然、このままこの問題をうやむやにするということはないだろう。だが、大きな方向性を失った今、このまま議論がなくなってしまうのではないかという危険性がある。これだけは許されない。

もし、支持率が急落している今、自民党は自らこの問題の議論を再開させ、野党に松岡氏の疑惑のほかすべての膿を出す努力をしてみてはどうだろうか。そうして、国民が納得できるような説明責任を果たせば自民党に対する世間の見方は変わるはずだ。

参院選が近づいている今このままいくと民主党が圧倒的勝利を収める可能性も否定できない。この際、徹底的にこの問題と年金問題を争点にして無党派層のよき受け皿になるように大きなアピールをしてもらいたい。野党が挽回できる大きな大きなチャンスである。今年、選挙権を得る私もこの問題を真摯に考え、自分なりの意見を持って生きていきたいと思う。

それから、同じ日に亡くなったZARDのボーカル坂井和泉さんの曲から私たちは大きな勇気と元気をもらい、支えられた。彼女の死は本当に残念でならない。天才の人生は短いと友人が言っていたがその通りだと思う。

松岡氏、坂井氏、二人のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)