2006年11月22日 (水)

社説より・・・

今日11月22日の読売新聞の社説を読んだ方はいますかね??

読んでもらえればいいんですけど、今日の2本の社説は「大学の経営統合」と「家庭の日の制定」でした。

まず、1本目の大学の経営統合の話ですけど、これは産経、朝日でも取り上げてた話題ですが、ご存知の方も多いと思いますが、慶応大学と共立薬科大学の合併協議が始まったということです。

他にも、関西の関西学院大学と聖和大学の合併協議もすでに始まっているわけで、今回の一件でさらに私立大学の再編の動きの加速が見込まれているようだが、いい流れだと思う。

今回の慶応と共立薬大の合併にしろ双方にとって大きなプラスになると思う。

慶応からすると、伝統ある共立薬大の薬学部が創設されることにより既存の医学部、看護医療学部とともに連携し合い、医師、看護士、薬剤師のチーム医療が可能となり、大きな強みになることは間違いないだろう。

共立薬大側からすると、名門中の名門である慶応大学と合併するなら学校の知名度やブランドがつくことになり、受験生の大幅増を見込める。共立は前年度の志願者数が大幅に減ったことから、今年度は大幅な志願者増が見込めるわけだ。さらに、薬学部の6年制に伴って病院での実習期間が延びて、学生の受け入れてもらう病院も慶応の付属に受け入れてもらえるわけだから、お互いの思惑が一致したんだと思う。

しかし、問題は私立である以上、大学の名前が消えると言うことに関連して、卒業生からは否定的な意見も多いようだ。

しかし、少子化の中で大学の数はこれからどんどん減って行くと思うのでこうした再編も促進して行くべきだと思う。

そして、もう一つの記事「家庭の日の制定」ですが、政府は少子化対策の一環として、「家庭の日」の制定を検討しているという。もちろんこれが祝日化されるかどうかは分からないようだが、これはそれぞれの地方自治体ですでに制定しているということである。僕からするとそんなのどっちでもいいよっていうのが正直なとこなんだけど、決して、悪いことではないと思う。

祝日化される必要性は分からんけど、家族の絆とか、家庭の関係を強化していくためにもいいことだと思う。しかし、どれだけ制度がよくても実際にうまく機能するかが問題である。最初は小さなことでも、少しずつ実績をあげて身のある制度にしてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

久しぶりの読書・・・

昨日ね、バイト先の教室で大掃除ががありまして、そのあと、最近、講師として入ってきた人たちの歓迎会がありまして、とても楽しくて、自転車で来たことも忘れて久しぶりにいっぱい飲んだぞ~~!みんな飲み放題ということもあっていっぱい飲んでいて、初めて飲み会に来た人はそのギャップに驚きを隠せない様子をしてたけど・・・その新しい講師の中に僕の小学校の友達と同じクラスだった人がいてめっちゃびびったけど・・・。

そんなこともあり、今日はゆっくり寝てたんだけど、まだここでは言っていなかったけど今度、引っ越すことになりましてその引越し業者の人が見積もりに来たりして周りがばたばたしてあまり寝れんかった・・・。

それで、昼過ぎて本屋に行こうとすると、友達から電話がかかってきて、急遽その友達と会うということになって、ちょっと遠くまでまで行ってたんやけど、めちゃくちゃにいじられて、ちょっとへこんでいて、帰りの電車の駅の近くの本屋に立ち寄って、1冊の本を買ったんやけど、その本とは・・・・

江國香織の「号泣する準備はできていた」って本だけど、知ってる??僕が行った本屋さんではどこも売れ筋ランキング1,2位の本だわ。

これってだいたい僕のパターンなの・・・。ネガティブになるときってたいていこういう感じの本を読んでしまおうとするわけ・・・。

これを帰りの電車の中でずっと読んでたんだけど、内容は短編集で12の話が入っていて、いろんな話しがあってすごくとっつきやすいし、読んでて飽きが来ない感じですごくいい本です。

僕がこんな本を読んだということはかなり萎えてるんですが・・・。

さらに、今日またまたショッキングな出来事があったし・・・涙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)