« 2007年7月 | トップページ

2007年9月30日 (日)

アメリカ留学・・・

なんか、かれこれ2ヶ月近くほったらかしにしてしまいました。。

この2ヶ月、何をしていたかと言いますと、アメリカのほうに留学してました。期間はたった1ヶ月半でしたが、日本でだらだらと夏休みを過ごすくらいならこれほど充実した夏休みはなかっただろうなと思ってます。

アメリカはサンフランシスコから少し離れたバークレーというところで留学生活を送ってました。今回は大学のプログラムなのでかなりしっかりした内容が組まれてました。

しかし、それ以前に大きなトラブルから始まったんです。今回は18人のグループで現地に向かったわけです。中には海外はもちろん、飛行機が初めてといった人もいたわけで、飛行機の中では恐がっている人もちらほらいたんですが、いざサンフランシスコに到着し、入国審査の段階で事件は起きました。

というのも、入国の際にはI-20という書類が必要なんですが、メンバーの半分の9人がその書類を手荷物として持っておらず、スーツケースの中に入れてたり、日本に置いてきてたりしていて別室に連れて行かれたんですね。。僕は幸いその書類を持っていたのでなんなく入国できたのですが、大変な騒動になりました。

運のいいことにたまたま大学の職員が同じ便で一緒に行っていたのでその人たちの説得でどうにかこうにか入国できたわけです。。おそらくその人たちがいなかったら彼らは日本に戻されていたでしょうね。。

そんなトラブルがあったおかげで18人全員がアメリカで顔を合わせたのが到着して3日後でした。その時のアメリカの気候は日本に比べものにならないくらい過ごしやすい天気です。まず、湿気が少ない。そして、何より雨が降らない。なので、すごく快適な生活を送ることができました。

実際に現地で何をやっていたかといえば、基本的には語学留学になるんで英語の勉強ですが、最初の1週間は集中講義ということでアメリカの文化の授業を受けてました。ここは僕らのグループだけの授業だったんでまだなんとかなりました。

しかし、その次の3週間はメインとも言える語学学校での授業でした。これは台湾のグループとか他国の人たちと合同だったんで、ここでは悲喜こもごもありました。しかし、優秀な先生といろんな人たちとしゃべったりいろんな活動ができたのでここでの3週間は非常に実のある時間だったと思います。ここで、少しは成長できたんじゃないかなと思います。

そして、最後の2週間がこの留学の集大成ともいえるインターンシップ体験。教会とかシニアセンターとか小学校があるんだけど、僕は小学校、実際にはミドルスクール(日本の中学校)に行ってきました。

ここではいろんなことがありまして、障害のある子と交流するとは知らないまま行ったのでちょっとげんなりしてしまいました。。でも、それなりに収穫はあったんでよかったんですが。。

それで、9月16日無事日本に帰国して今にいたります!!今度は休日の様子とかを書いてみたいと思います!!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ