« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年4月24日 (火)

学力テスト・・・

全国学力テストが開始した。何とも中途半端なタイミングで始まった感が否めない。

全国の小学校6年生と中学3年生を対象に国語と算数・数学のテストを行ったとのこと。実際に問題を見たわけではないが、新聞の記事なんかによると全体の4割を記述にしたという。

方針は間違ってないと思う。記述式にすることにより、生徒の日本語を書く力を試すことができるからだ。

ただ、成績の扱い方が妙にあいまいな気がする。都道府県ごとの順位しか出さず、各学校名は匿名の扱いになるそうだ。これでは、このテストの意義をどこに持ってくるのかがいささか不透明である。現在、公立では学校選択制という制度を導入し、各学校が生き残りに向けてしのぎを削ってるようだが、各学校の順位を出してしまうと、学校間の二極化がさらに激しくなっていく。

このへんの扱いをどうするのか、この問題はとても重要である。やはり、こういうテストをするからには何らかの活用をしなければならないわけだが、この成績を他校と比べるのがそもそもよくないのではないだろうか。

例えば、各学校は事前に「国語で平均60点を目指します」などの他の学校を意識しない形の独自の目標を設定する。そして、結果がわかれば「我々の学校は目標を達成しました」などの目標値との大まかな批評をしていくというやり方だ。

つまり、目標を設定する段階で順位で設定するのではなく、得点で設定することが大事だと思う。要は、他の学校と比べるからいろんな問題点を指摘されるわけで、自分の学校の目標と比べて議論される分には有意義なものになるはずだ。

もちろん、順位を意識するなというわけではなく、順位は公にしないで、職員同士で情報を共有し、公表はしないということになれば大きな問題にはならないのではないだろうか。

このテストにはテスト中止を求める訴訟もあるようだが、すでに棄却されている。

いろんな問題が背景にある以上、時期尚早ではなかったか。

しかし、全国で同じ問題を生徒たちが解く機会などめったにない機会なので混乱が起きないように今後に生かされることを願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

都知事選、開票速報・・・

おとといの金曜、大学の友達と京セラドーム大阪で野球観戦をしてきました。関西での野球観戦は結構久しぶりです。

去年は11月に日米野球を見に東京まで行ったことはありましたが、大阪では覚えがないくらい久しぶりです。その久しぶりの観戦のターゲットとなったのはオリックスVS西武戦です。

試合は信じられないくらいのペースで進みました。9回入ったのが20時過ぎくらいでした。そのまま終わるのかと思いきや9回でオリックスが1点返して盛り上がった程度で試合終了は20:45の試合。。

僕たちはチケットも買わずに球場に行ってどこのチケットを買うか迷った末に指定席にしました。以前なら2000円の内野自由席がいつの間にか2400円に値上げされてました。それで、2700円の指定席があってグラウンドにも近かったのでそっちの席にしました~。。

実際に席に行って見ると思った通りの席ですごく臨場感がありました。普通に選手と話せそうなくらいの近さでした。ただ、ネットが邪魔で少し見にくいということはありました。さらに試合中、僕たちが座ってる席の近くにファウルボールが飛んできたんだけど、ネットのせいでボールが取れず、ボールボーイのお兄ちゃんが捕っていきました。。

以前にも福岡でファウルボールが飛んできたんだけど、隣の席の人にとられてしまうなど運がないみたいです。。

そして、話は変わり、選挙が終わりましたね。地元の選挙には関心はなくとも、都知事選だけは少し興味がありましたが、前評判どおり石原慎太郎氏が再選を果たしましたね。これで、東京オリンピックに向けて進んでいくわけですね。しかし、かなりの圧勝だったらしくもう少し接戦になってもよかったとは思うんですが。。得票順だけ見ると石原氏に続いて、浅野氏、吉田氏、黒川氏の順だったと思うんですが、3,4番目は意外でした。僕はてっきり逆だと思ってました。黒川氏の誕生日とのダブル祝いにはならなかったですね。。

これからの石原都政は一体どうなっていくんでしょうか。。??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

二度と起きないように・・・

関西テレビで「あるある大事典」の検証番組を放送した。見た人も多いだろうが、どのような感想を持っただろうか??

僕はあんまり納得のいく放送ではなかったような気がする。いろいろな課題が見えてきたのではなかろうか。冒頭で社長がお詫びをしていた。何度も見た光景である。確かに必要なんだろうけどもう形骸化しているような気がしてみてても何も感じなかった。

ノーカットでCMも抜いて放送していた。番組では大きな流れとして「捏造の経緯、事実の報告」、「なぜ捏造がなされたか」、「再発防止のために何をすべきか」の3点に絞られていた。

かなり詳細な捏造の経緯が報告されていた。その点は十分だとまではいえないかもしれないが、満足の行く内容ではなかったかと思う。もちろん、いろいろな問題はあるかと思う。例えば、捏造した事実を伝えるにしてもこういう捏造がありました、という報告も大事だが、もっと具体的にこういう点で放送ではこうでしたが、実際はこういう点をこう捏造していましたといった感じで肝心の「何をどう捏造したのか」という点が全く触れられていなかった。

2点目の「なぜ捏造が起こったのか」という点に関しても名前を伏せた状態でボイスチェンジしてインタビューを受けていた。その中で、モラルの低さ、人気番組の制作者としてのおごりなどを話していたが、これもどこまで真意なのか我々視聴者には伝わっていないのではないかと思う。少なくとも僕には伝わらなかった。もう少し自分たちがやったことに対しての責任の重さを感じてしかるべきだと思う。

3点目の「再発防止のために何をすべきか」ということに関してはまだましだったかなと思った。社員の意識調査の結果を公表するという形をとったが、中には使えそうな提案もあった。

それは「ノーと言える環境作り」という意見である。これが、今からでもできる一番適切な解決策になるのではなかろうか。

根本的な意味で番組を作るのは制作会社に委託された会社になるわけでその現場の声を最大限尊重して番組作りをすることはいたって普通なことではないのか。制作会社が作るべきなのは「テレビ局が喜ぶ番組」ではなく「視聴者が喜ぶ番組」を作ることが仕事であることを完全に忘れてしまっているようだった。

「毎週、新しいことを伝えていく」という番組の方針が極めてハイレベルであったがためにデータ改ざんや捏造が起こったものと見るのが自然であり、その点では番組制作社の気持ちというのは大いに察することが出来る。それもこれも「ノーと言える環境」がなかったためではないだろうか。

納豆ダイエットの回も取材を続けるには困難な状況になっても、面白い番組、視聴率のとれる番組を作らなければならないというある種の義務感が捏造というあらぬ方向に向かわせてしまったんだと思う。もし、ノーと言える空間作りさえできていればこのような事態にはならなかったと思う。

今回のこの一連の騒動はいろんな教訓を与えてくれた。

この件に関して、関西テレビには大きな責任があることはいうまでもない。会社の体質が問われ、経営責任が問われるのも当然であるが、それ以上に再発防止についてのより深い議論がなされてもいいと思う。ただ、外部調査委員会の結果報告だけ聞いてこれやります、っていう姿勢よりも「関西テレビではこんなことを考えました。外部調査委員会ではこんな指摘を受けました。それも合わせてこんなことをやります」といった自主性がかけているような気がする。

それに、これを契機に他の放送局でも今回の一連の騒動を他人事として受けとめるのではなく、自分の局ではこんなことをしたらよりよい局になるんじゃないかとか積極的な対応をしていくべきだ。

さらに、今回の問題では私はいろんなことを学んだ。例えば、普段見ている番組がどのようにして作られているのか、とかテレビ局が番組を作っているのではないとか。。正直、私も今回初めて番組制作会社の存在を知ったし、特にあるあるについては毎回1時間の番組のためにこんなに丹念に取材して多くの時間と労力を費やして番組を作っているのかと感心した。せっかく、そうやって作ってきた番組が打ち切られるのは非常に残念だ。

事実を放送するという根源的なことさえ忘れてしまった関西テレビの代償はあまりに大きい。無理なことを無理と言えないたったこれだけのためにテレビ局が背負った責任の重さは計り知れない。一度原点に立ち返って経営陣も研修と称して実際に番組制作に携わって現場のスタッフの気持ちを経験によって理解すること、ノーといえない環境を作ってしまうことがいい番組作りをしていく中でどれだけマイナスになるのか、身を持って体験してみるといいだろう。現場の気持ちのわからない人が経営している会社はよくないと思う。

関西テレビはこれから信頼回復のために辛く苦しい道のりが待っていることと思うが、私は会社一丸となってその苦難を乗り越えて必ずや新しい関西テレビに生まれ変わることを心の底から応援していきたい。

起きてしまった事実を消すことはできない。大事なのは起きてしまった失敗からの教訓を生かし、二度とこのような問題が起こさないこと。誰のために番組を作っているのか、再認識すること。それから最後にもう一度。

「ノーと言える環境作りを今日から!」

| | コメント (40) | トラックバック (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »