« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月 4日 (日)

日本の政局・・・

1月があっという間にすぎていってもう2月になりました。。月が変わったからといって特に何があるわけではないのですが、僕たち学生にとっては長い春休みに入るわけです。

そんな最近ですが、政局は混乱を極めてますね。。今、政局では大きな二つの問題が転がっている。一つは柳沢氏の「女性は子供を産む機械発言」。もう一つは「政治家の事務所費問題」である。

そこで、今回は今まであまり突っ込んでこなかった政局についての意見を自分なりに愚痴っていこうと思います。

まずは柳沢厚生労働大臣の「産む機械」発言です。この発言は日本中を駆け巡り、テレビ報道でも大きく取り上げられた。この発言は今では男女平等であるとか人権がどうこうといろんなことが複雑になって一般的には女性差別ととられてしまうのが普通である。

しかし、この発言が大昔にはまかり通っていたというのもまた事実である。昔は女性に今ほどの自由は与えられず、女性は単なる子供を産んで育てるというのが当然だった時代があった。

今では、さすがにそのような考え方はマイノリティであるが、年配の方の中にはその考え方に肯定する人がいるということを聞いたことがある。なので、彼自身がこの考え方を持った人物であったということが分かる。

確かに「女性は産む機械である」というのは非常識極まりなく、女性の心を大きく傷つける閣僚にはあるまじき発言であることは確かである。さらにそれに追い討ちをかけるかのように安倍総理が陳謝する場面まで発展してしまった。かなり異例なことだそうだ。

こんな崖っぷちになっても大臣の職に居座ろうとする図太さは世間一般では非難されて当然である。しかし、非難されるから辞任するっていうのはちょっとおかしいと思う。どうせなら国民の前で改めて謝罪をしてから職を離れるのが正しいことではないか。

そういった個人の進退を周りが騒ぐのもよくない。本人の良心によって決断するのが政治家として、大臣としての責務であると考えている。

私があきれてならないのがその後の野党の対応である。この発言を女性議員はここぞとばかりに揚げ足を取るかのようにこの発言に固執している。この状況は異常ではないか。これでは自分たちで柳沢氏を辞任に追い込み、自分の手柄にしようとしていると考えているとしか思えない。もちろん、女性にとっては耐えがたい発言であったことには違いないが、少しエスカレートしすぎである。そこまでいうならテレビでのアピール合戦みたいなことをするより、国会に呼び出して討論するくらいのことをしたらどうかと思う。

こんなことを女性ばかりでなく、野党もこれよりばかげた行動をとっている。野党はこの発言で柳沢氏の辞任させない限り予算審議には応じないという行動をとっている。ほんとにこれが野党、いや大人のすることかと開いた口がふさがらない。まるでお菓子をせがむ赤ん坊のようだ。こういうのを本末転倒というのではないか。

確かに柳沢氏の発言は少子化担当の閣僚の発言としては不適切である。だからといって、国家予算の審議を欠席するのとは全く別問題である。しかも、このボイコット運動を指導しているのが民主党の小沢代表であるというからこれまた情けない。そんなに気に入らないのなら自らの口でその不満をぶつけたらどうか。民主党からすると自民党のイメージダウンを狙っているのかもしれないが、実際には自民党の支持率は下がっているとはいえ、民主党の支持率も相変わらずである。

そして、もう一つが「事務所費問題」である。これは佐田行政改革担当大臣の事務所費の虚偽報告がことの発端ではないだろうか。この件でほかに自民党の中川幹事長や伊吹文部科学大臣、そして、野党からも何名か疑惑が浮上している。その中に民主党の小沢代表の名前が上がっていることは見逃せない。小沢氏にはいい加減にしてもらいたい。人の発言に揚げ足とって非難するのは結構だが、その前に自分の疑惑を晴らすことの方が先決ではないのか。自分のことは棚に上げて人のことを非難して支持を集めようとするような政治家に誰が信用するだろうか。

これが日本の野党第一党というのだからその名が泣いてしまう。与野党双方に疑惑がかけられているのなら野党である民主党が率先して情報を公開し、自らの疑惑を晴らした上で与党に説明を求めるという行動を起こせば、民主党の支持は徐々に伸びていくだろう。そんなこともせずに他人の進退問題をどうこうといえる資格があるだろうか。

自民党の中川幹事長は小沢氏自身の著作の中にある「議員は国会の場で仕事をするべきだ」という言葉を引き合いに出して「小沢氏にこの言葉を贈りたい」と発言したらしく、まさにその通りだなと思いながら記事を読んでいた。

そんな小沢氏は今日の講演で「安倍内閣は多くの危険な要素を持っている。その上、国民も反論し、行動を起こそうとしない」との趣旨の発言をし、安倍内閣を批判していたが、とにかく何度もいうようだが「まずは自分の疑惑を晴らしてからそういうことを言って」といいたい。そして、もっと大人として、政治家として行動をしてもらいたい。

今のままでは民主党のCMのように小沢氏が海に投げ出されそうになるシーンで誰も助けようとは思わないだろう。。助ける人がいないどころか、国民みんなで海に投げ出されるのを喜んで傍観するようになるかもしれない。

長くなった上に、へたくそな文章でごめんなさい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »