« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月26日 (木)

現代の教育問題・・・

最近ここでは真面目な話題が続いていますが、今日は教育問題です。将来、教職を目指しているものとしては最近の教育問題には気を使わざるを得ないわけで。。。

最近はいろんな問題がありすぎてどこから突っ込めばいいのかよく分からんが、政府がもっとしっかりしていればと思うのは僕だけだろうか??小泉政権の後を継いだ安倍政権は「美しい国づくり」と同時に教育改革に力を入れると言いながらこの状態では国民の信頼は揺らいでしまうのは当然ではなかろうか??

安倍総理自体は「教員免許の更新制度」を作ろうとしているが、この制度もいかがなものか??更新制度は仕方なしにしても、更新に伴う講習がきつすぎるのではないだろうか??ただでさえ2006年問題によってベテラン教師の大量退職に伴い今後、教員になる人にとっては考え物だろうと思われる。

それ以上に最近特にフューチャーされているのが高校における必修科目の未履修問題である。これは深刻な問題である。最初は富山にはじまりそのあと岩手や福島など全国各地で発覚した。岩手の場合は自体が悪質だ。大学受験に際しての調査書作成の際に受けてもいない科目の成績を勝手につけていたというのだから信じられない事態だ。

僕はこのことに関して特にいいとも悪いとも思わないが、やはり学習指導要領をで決められている以上は他の高校でも同じ条件でやっているのだから不公平感はぬぐいきれない。

やはりそれ以上に重要なのが該当生徒への対処をどうするかだ。自治体によって対応は異なるがだいたいは冬期休暇中に補習授業として対応するらしい。ただ、受験生特に世界史を受験科目として使わない生徒にとってはこれほど迷惑なコトはないだろう。まぁ、生徒側からしたら授業を聞かずに寝るであるとか、内職したりであるとかのことをするのかもしれないが、授業時間として拘束されてしまうわけだからたまった物ではないだろう。

報道によると中には生徒の要望を教員たちが検討しやってしまったという形でこのような事態になっているところもあるだろうが、教員たちにとっても大変なことである。大いなる反省が求められるところだろう。

それにしても教育委員会も本当にどうしようもない組織である。前回の記事に書いたようないじめ自殺の件もそうだし今回の件だってどうしたものか?ちょっと組織としての規律であるとか国の機関にしてはあまりにずさんである。政府は教育委員会の廃止すらも検討しているらしいが、こんな対応をしているようでは教育委員会ももなくしてしまったほうがいいような気がする。

教育委員会もそうだが、今回このような事態になっているのは有名進学校であるということだ。受験対策として世界史の時間を数学や英語にまわしていたのだろう。ついに公立高校の予備校化といえるだろう。僕自身は予備校化になっていくコトは反対ではないから微妙だが、やはり、それだけ今の教育水準が落ちたということだろう。しかし、大学側はその中で優秀な学生がほしいために人気大学は入試の易化どころかむしろ難化している。

高校側もそれを知っていて、なおかつ進学率をあげたいがために今回のような事態が起きたものと思われる。そう考える高校の教員の気持ちは僕もいたいほど理解できる。しかし、それとこれでは話しが別である。学習指導要領で高校では絶対これだけはしようねっていう決まりがあって従いたくない学校があってもそれを守っているのだから、ちゃんと決まりを守っている高校が不利になるのはよくないことだ。

岩手県にいたっては必修科目の未履修が数年前から起こっている高校もあるというのだから、そういった課程で卒業してしまった生徒にたいしてはどのような対応をするのだろうか。

どちらにしても、生徒側に非がない以上、政府は生徒たちにとって負担のない形で卒業資格を与えるべきだ。大学受験は人生のターニングポイントにもなりかねないので生徒たちには入試で自分の実力を最大限発揮できるような形を取れるような環境を与えられるように配慮してもらいたいと思う。

あとは日本シリーズを楽しもう!!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土)

久しぶりに書く気になりました・・・

僕がこの記事を書いていない間にいろんなことが起きたよね。。。

北海道、福岡での相次ぐ中学生の自殺、北朝鮮の核実験の実施など世間を揺るがす大変な事態になってきました。

やはり、福岡 北海道の中学生の自殺問題には驚かされました。。まずは福岡の自殺問題ですが、これに関しては怒りもあきれるコトも忘れそうなくらい腹立たしい出来事でした。

あろうことか、教師のいじめが発端だったということで教師の無能を通り越したほんとに教員免許を持っているのかと問いたくなります。。その教師は「からかいやすかったから」と言っていじめの基礎を作ってしまった。その教師はもし自分がそんなコトをされたらどう思うかということを考えなかったのだろうか??

いかに日本の教育水準が落ちてきてるかということです。こんな教師がいるようでは日本の教育界の将来は真っ暗だとしかいいようがないでしょう。

それを象徴しているのが教育委員会のあまりに無責任な対応だ。文部科学省の統計によると、1999年~2005年度まで発生した自殺でいじめが直接的な原因だったと言われるものはなんとゼロだというのだ。国民はほんとにこの数字をうのみにするだろうか??当然するはずがない。

個人的にはこの世にいじめがなくなる世界は永遠にやってこないと考えているのでこの数字を見たときの本音は「ありえない・・・」の一言でした。どうして、ゼロという数字が出るのか。この文部科学省のデータは教育委員会の資料を元に作られるが、教育委員会には学校からの報告に基づいているのだ。

つまり、たとえ学校でいじめが原因で自殺者を出したにしても、その自殺がいじめが原因で起こったものなのかどうなのかを判断するのはその学校だからである。教育委員会はその件について調査することもなく、そのままの数字を文部科学省にあげてしまっているという現状がある。

そんなコトをしているようでは教育委員会は本当に機能しているのかと聞いてみたくなる。

さらに、北海道の件については自殺した生徒が残した遺書とそのコピーを紛失したというのだから開いた口がふさがらない。

教育委員会には信用回復に向けた具体的取り組みを早急に示すべきだ。

さらに、中学生の自殺が別のところで新たな火花を散らせている。また実名報道の余波である。新潮社は今回の福岡でいじめにより自殺した生徒の記事を実名で報道した。それに対して生徒の両親は新潮社に対して雑誌の回収を求めている。

僕は徳山高専での殺人事件の犯人が自殺したコトにより一部報道機関が実名で報道したことがあってこの件に関する記事を書いたところたくさんのアクセスがあった。この件に関しては少年が加害者であることも考慮して実名報道に反対の立場を取らなかったが、今回の福岡の件に関しては少年がある意味で被害者であると言う点を考慮するならば僕は断固反対の立場を主張したい。

この福岡の件に関して、自殺した生徒に落ち度はないと考えられ、教師のいじめが端を発してるということからも、たとえ本人が亡くなったとしてもその生徒や遺族に対する人権は保護されるべきであり、実名を出すべきではないと考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

驚きの記事・・・

しばらくこちらの更新が止まってしまいました。。。いいわけをすると、私、mixiの方にはまってしまいまして、そっちの更新は毎日してるんだけど、それゆえにこちらの更新が出来なかったわけです。。。

それで、今日インターネットでうろうろしていると何とも言えない気の毒な記事を見つけてしまった。

「高校生が飲酒で停学!」ここまではまだよくある話し、しかし問題はここから。

「高校生が運動会の打ち上げで飲酒、全校生徒の2割が停学!」と言うおまけつきの話しだった。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061008-OHT1T00042.htm

そんなことがあったのは福岡県のとある高校である。運動会の打ち上げとして集団で酒を飲んだのである。

まぁ自業自得だよね。。。ばれちゃったんだから。でも、全校生徒の2割、151人が停学になったのだからこれは大問題である。

なぜか福岡県と言うのはやたらと運動会に力を入れているらしい。その代償が151人の停学では学校側としてはたまったもんではない。

処分の内容は自宅謹慎ではなく、反省文を書いたり、草むしりなどの奉仕活動を行ったらしい。この処分は妥当だろう。しかも期間も4日間と言うものでやむをえない処分と言える。

しかし、受験生にとっては大きな問題である。時期的に推薦で決めようという生徒にとっては今が一番大事な時期なのに。。。場合によっては推薦取り消しということにもなりかねないのに・・・。

ちなみに、この高校は文武両道の真面目な学校だそうで茶髪も、ピアスも、ミニスカートも禁止だという。要は真面目な学校だからと言って不祥事が起こらないとも限らないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »