« 我が家の引越し体験記・・・ | トップページ | 驚きの記事・・・ »

2006年9月28日 (木)

伊吹文科相の言葉・・・

やっとインターネットがつながりました。

早速ですが、昨日か今日の新聞に載っていた記事ですが、安倍新内閣の文部科学大臣が素晴らしい考えを示されました。それというのは、

「小学校での英語教育の必修化に慎重な姿勢」

ってことです。

教師志望の僕にとっては嬉しい限りです。もちろん僕は小学校での英語教育の導入には絶対反対です。理由は伊吹大臣の言うとおり、日本語もろくに話せない日本人が英語を小学校でやるには早すぎる、ということです。ただでさえ国語力の低下が世間を騒がせているのにこんなことをやっているようではさらなる国語力の低下は目に見えて分かります。それを中教審は何の迷いもなく導入を検討しているわけですからバカにも程があると言いたいです。

でも、理由はそれだけじゃないと思うんだわ。やはり、考えなければならないのは教える教師の負担です。そりゃ、世間の親は小学校で英語の授業をして反発する親は少ないでしょう。

しかし、実際に教師の負担を考えろという話しにもなるよね。今の小学校の教師はほんとに大変だと思います。

世間のバカ親のせいで何でも子供の不始末は教師のせいにし、過保護さゆえに無理難題を押し付けられたりと・・・。最近では小学生による教師への暴力が後を絶たないと言うのが現状ではないか。さらに、毎日各教科の授業の準備と教師のストレスは想像を超えたものだと察します。

もちろん、小学校の教師が英語を知識的に教えられないことはないはずですが、方法論として小学校で英語を教えるということは中学高校の英語科教師よりも難しいことではなかろうか??ただ、知識を教えることならできても、英語を楽しく、好きにさせながら教えていくと言うのは小手先の指導方法ではうまくいくはずがないと思う。ということは教師に研修を受けさせる必要が生じてくるわけで教師の負担は日に日に増すばかりである。

このようなことまで大臣は考えているのかはさておき、文部科学大臣がこのような見解を示した以上、中教審も簡単に導入をするとは考えにくい。なので、これからの情勢を見守っていこうと思う。

僕は小学校への英語教育の必修化に反対する教師の見方です。

本題はこれで終わりですが、ついに今日、mixiに参加しました。なので、このblogをどうしようか検討しています。もしよければ、そちらもどうぞ・・・。

|

« 我が家の引越し体験記・・・ | トップページ | 驚きの記事・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99069/3617854

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹文科相の言葉・・・:

« 我が家の引越し体験記・・・ | トップページ | 驚きの記事・・・ »