« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

伊吹文科相の言葉・・・

やっとインターネットがつながりました。

早速ですが、昨日か今日の新聞に載っていた記事ですが、安倍新内閣の文部科学大臣が素晴らしい考えを示されました。それというのは、

「小学校での英語教育の必修化に慎重な姿勢」

ってことです。

教師志望の僕にとっては嬉しい限りです。もちろん僕は小学校での英語教育の導入には絶対反対です。理由は伊吹大臣の言うとおり、日本語もろくに話せない日本人が英語を小学校でやるには早すぎる、ということです。ただでさえ国語力の低下が世間を騒がせているのにこんなことをやっているようではさらなる国語力の低下は目に見えて分かります。それを中教審は何の迷いもなく導入を検討しているわけですからバカにも程があると言いたいです。

でも、理由はそれだけじゃないと思うんだわ。やはり、考えなければならないのは教える教師の負担です。そりゃ、世間の親は小学校で英語の授業をして反発する親は少ないでしょう。

しかし、実際に教師の負担を考えろという話しにもなるよね。今の小学校の教師はほんとに大変だと思います。

世間のバカ親のせいで何でも子供の不始末は教師のせいにし、過保護さゆえに無理難題を押し付けられたりと・・・。最近では小学生による教師への暴力が後を絶たないと言うのが現状ではないか。さらに、毎日各教科の授業の準備と教師のストレスは想像を超えたものだと察します。

もちろん、小学校の教師が英語を知識的に教えられないことはないはずですが、方法論として小学校で英語を教えるということは中学高校の英語科教師よりも難しいことではなかろうか??ただ、知識を教えることならできても、英語を楽しく、好きにさせながら教えていくと言うのは小手先の指導方法ではうまくいくはずがないと思う。ということは教師に研修を受けさせる必要が生じてくるわけで教師の負担は日に日に増すばかりである。

このようなことまで大臣は考えているのかはさておき、文部科学大臣がこのような見解を示した以上、中教審も簡単に導入をするとは考えにくい。なので、これからの情勢を見守っていこうと思う。

僕は小学校への英語教育の必修化に反対する教師の見方です。

本題はこれで終わりですが、ついに今日、mixiに参加しました。なので、このblogをどうしようか検討しています。もしよければ、そちらもどうぞ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

我が家の引越し体験記・・・

しばらく更新が開いていましたね・・・。実は引越しをしたというのはここでも何度か書きましたが、引越しは無事に終わりました。当然のようにまだインターネットの工事が行われていないので今日はなんと大学のパソコンからこの記事を書いているというわけで・・・。

まぁ経験のある方なら少しは理解してもらえるのかと思うのですが、やはりあれもいる、これもいるで相当な量の荷物を新居に持ってきたわけですよ。それで、荷物が新居に入るかどうかというのが一番の問題だったわけです。何とか収まったのはよかったわけですが、とにかく部屋が倉庫の状態になってるんです。誰の部屋でもないからいいんですが・・・。

引越しに慣れてる人ってあまり荷物もないだろうし、捨てるときは思い切って捨てられるんだろうけど人生ではじめての引越しとなるとやはり勝手が違うようです。昔は引越しというものにちょっとした憧れを持っていたのですが、実際体験してみるとそんないいものではないですね。

それより、旧居を離れるということで、ご近所さんと別れるほうが寂しかったな。同級生の友達が結構いたのでそれが残念だったな・・・。

引越し話はこの辺で、

今日はなぜまた大学に来たかというと、授業はまだ始まってないんだけど、選択科目の結果を見に来たわけです。結果は、前期と同じで1つだけ抽選でもれちゃいました。これは仕方がないんだけど、思った以上に単位の取得が進まないという状況になりかねないのでそれが怖いんです・・・。どちらにしても、また時間割を変更しないといけないような感じです。しかも、友達と一緒にとった科目もいくつか友達が落ちていたりしているので、結局一人でテストを受ける羽目になりそうです。

せっかく、後期は楽して単位を取れると信じていたのに・・・、世の中そんなにうまくいかないもんですね!!

なんか、今日は変に報告が多いのですが、近々私、mixiに参入することになりそうです。この前、友達と電話で話しているとたまたまその話になって、招待してくれることになって参入することにしました。詳しいことは全くわからないので招待してくれた友達にヘルプをもらいながら、新境地を開拓していこうと思います。

たぶん、報告することはこれくらいかな・・・

っと、もうひとつこれは報告しても仕方ないことだからさらっと読んでいただければいいのですが、引越しに伴って、所属教室を移籍することになりました。新居からは少し遠いですが、交通の便がよいので通勤に苦労することはないだろうと思います。

はい、以上。次回はいつになるかわからんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月15日 (金)

ストレスのたまる授業・・・。

ちょっとした時間しかないですが、少し更新が滞っているんで・・・。

前回の記事にはコメントこそもらえなかったものの、かなりの反響がありました。どうも記事を読んでくれた皆さんどうもありがとうございました。また、くだらない記事になるかもしれませんがよろしくお願いします。

普通、大学では今月末くらいまで夏休みがあるはずじゃんか??なのに僕は今週1週間大学に行ってます。

なぜって??短期の授業があるの。教職の科目でコンピュータをいじってるんだけど、とにかくウザイ・・・。

授業は10:45~1815までの長丁場。しかも、ほとんどがパソコンの実習室の中でパソコンのウィンドウとにらめっこ・・・。

最後に課題があるんだけど、それが今の僕には鬼門なわけ・・・。

課題自体はそんなに難しいわけじゃないんだけど、出来上がったあとのチェックが厳しいの・・・。

この前も、ワードの文書を作っていてインデントだとか、字下げ一つで却下だし・・・。

エクセルの授業ではせっかく作ったグラフを「これじゃあ見にくいよね。もっと分かりやすくて見やすいグラフを作ってきて」だって。

さすがに、そのときはさすがに切れましたよ・・・。「あんた基準で分かりやすいとか決めんなよ。」って。

でも今日がその授業も最後だし。せいせいするんだけど、あの担当者の授業は絶対取らないし。

以上今週の愚痴でした・・・笑。

ちなみに、ついに明日、明後日引越しとなります。20年近く住んでいた家を離れるのは残念だけど、仕方ないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

事件が残していった少年法の壁・・・

ほんとは昨日のうちに更新したかったんだけど引越しの準備で書けなかった・・・。すんません。

皆さんはおそらく徳山高専の事件をご存知のことでしょう。世間に衝撃が走った事件でしたが、それ以上に衝撃だったのが犯人が事件直後に自殺したということでしょう。

山口県警は当初、犯人を特定していたのにもかかわらず、犯人が未成年であるという理由で被疑者の情報を公開しなかった。県警のこの判断は正しかったのだろうか??

僕は詳しいことはよくわからんけど、何とも難しい問題だなと思う。

何より、この判断を難しくさせているのはやはり少年法であることは間違いのないことだろうと思う。少年法によると、今回のような場合、顔写真などの情報を公開することを禁じている。

話しによると、少年犯罪にここまで気を使っている国はないという。アメリカでは今回のような場合は即、顔写真を公開し被疑者確保に全力を挙げるといい、少年法などの考え方はないらしい。

しかし、日本には少年法のせいで被疑者の確保に時間がかかってしまい、それどころか被疑者の死という最悪の結末を迎えてしまった。

考え方の違いに尽きるのである。少年法を無視したとしても被疑者の確保を優先するのか、あくまでも少年法という法律の考えを優先させるのかどちらの決断をするにしてもリスクを伴うことである。

それ以上に気になったのが被疑者の死後のメディアの対応である。

主なメディアの中で読売新聞と日本テレビとテレビ朝日に関してはこれまでの匿名報道から被疑者の名前を報道する実名報道に切り替えた。

この判断についてどう考えるのだろうか?賛否両論あって当然だろうと思う。僕はどちらかといえば反対派である。ただ微妙なところである。言い分としては実名報道に切り替えるだけの積極的な理由がないという考えに一番共感できたからであるが、実名報道派の事件の凶悪さ、被疑者死亡により少年法の適用の範囲外になったということ、被疑者の更生の機会が失われたことなどの見解にもある程度の理解はできるだけに難しい問題である。

しかし、被疑者の自供もない、刑が確定したわけでもない、それどころか裁判すら行われていないこの段階で少年法の原則を越えて実名を報道するのはちょっと行き過ぎと言うかまずかったのではないかというのが正直な僕の見解だ。

この被疑者の実名報道を一番に決めたのが週刊新潮であった。インターネットの記事でこの事件の記事を読んだが、この被疑者はかなりの凶悪犯だったことがうかがい知ることができた。

というのも、記事によると遺体発見現場には被疑者の精液が残されていたという。つまり、この被疑者は被害者を殺害しただけでなく、性的暴行も行っていたと推測できる。見るも無残な状況だったという。そのような凶悪犯を少年法によって守られるだけの価値があるのだろうか??僕にはそんな価値はないと思うのだが・・・。

この事件を教訓にして即座に少年法の改正をさらに進めるべきではないだろうか?

いっそのこと少年法自体をやめにするくらいの姿勢を示してもいいと思う。

被害者の尊厳を傷つけるような人間を守る法律など必要ないのではないか?

もっと日本もこういった少年犯罪に対して毅然とした姿勢で立ち向かう時代がすでにやってきているはずではなかろうか?

しかし、この事件は警察、メディアに対して実名報道をするか否かという非常に難しい問題を残していった。これを教訓として警察は凶悪犯については被疑者が特定された段階で年齢に関係なく実名報道を行い、メディアもその情報に基づいて適切な報道を行うことを期待する。

そして何より被害者およびその遺族の方々にご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 8日 (金)

金沢旅行記・・・

なぜかこの「旅行記」シリーズ、なんだか続いてるよね・・・。単に旅行に行く機会が重なってるだけだから今回でしばらくないと思うけど。それから、最後に次回予告を書いておくのでそちらもどうぞ!!

ということで、去る9月5,6日に金沢まで行ってまいりました!!高校の友達と僕の中では傷心旅行のつもりで行ったわけですが、そんな目的が達成されるはずもなく・・・散々へこまされました・・・。

でもね、やっぱり友達と旅行に行くっていうのはいいよね!!へこまされる分には相当堪えるんだけど、その分お酒を飲んだり、いろんな話しをするだけでめちゃくちゃ楽しいんだよね!!!そういう意味でこの旅行は有意義だったわ!!

今回はあんまり外出することはなく、ホテルにいる時間が長かったような・・・。初日、電車で金沢に着いてから早速、チェックインしてから荷物を置いたり休憩してから、ホテルでもらったクーポンを持っていざ出陣!!

金沢に行ったら絶対行くであろう兼六園!!ほんとに王道ですが、行ってきました。平日だったので人も少なくてなによりも涼しい!!とっても涼しかった!!

そのあとはこれもお決まりのコースなのかもしんないけど金沢城に行ってきたわけ。歴史に大して興味のない僕にとってはふ~~んって感じで見ていたわけです。

そのあと、クーポンのある和菓子屋に行って試食させてもらいました!!もちろん、そのまま帰るわけにも行かないので、試食させてもらったのと同じお菓子を買って帰りました。

そのあとはホテルに戻ってさぁ夕食ということでどこに食べに行ったと思う???

正解は「スカイラーク」っていうファミレス・・・。

え~~~~って感じでしょ・・・。観光地来てまさかファミレスとは・・・。でも、考えてみると、金沢ってなんかおいしい食べ物ってあったか??

少なくとも僕たちは知らない!

ってことで、夕食を済ませた後はホテルで3人の飲み会が始まるわけ!

それ以降の話はめんどくさいのでカット!!(もちろん、理由はそれだけじゃないけど・・・)

結局、僕は午前3時でダウンして寝てしまいました・・・。

次の日は全国的に雨が降っていたそうで、金沢でも激しい雨が降ってました!!

それに、3人とも疲れていたので2日目はずっとホテルで過ごしてました。

たまたまチェックアウトが14時までだったのでぎりぎりまでホテルでテレビを見てたわけです。

それで、チェックアウトしたあとは金沢駅で帰りの電車を待ちながらお土産を買ったりしてたわ。

そして、帰りの電車に乗ったらもうみんなお疲れモードでぐったりしてたな。途中で高校の同級生とそっくりな人が2人ほどいてその話なんかしながら帰っていったわけ。

電車を降りたあとは晩飯を一緒に食べて解散って感じですかね!!

この旅行は多分、このメンバーでしか楽しめない旅行なんだと思うんだ!お互いがお互いのことをよく知っているからこそ成り立つ旅行だと思うので、今後もこんな旅行ができたらいいかなと思います!

それから、冒頭にも書いたように次回予告をしたいと思います。次回は今、自民党総裁選の次に注目が集まっている徳山高専の事件について少し真剣に考えてみたいと思います。久しぶりに真面目な記事を書こうと思うので、よければまた見に来てください!そして、コメントも大歓迎なのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 3日 (日)

福岡旅行記・・・その2

このblog初の試みとなりました。

一度だけ、シリーズ化しようとしてみたんですが、続かなかったのでもし心当たりのある方は忘れちゃってくださいね!!でも、今回はやります。第二弾を!!!旅行ネタということで滅多にないことなのでやってみたいと思います。

昨日はというか、前回は旅行記というよりもヤフードームでの観戦記みたいなものになってしまってたような・・・。

結局、試合が終わって僕たちは人ごみにもまれながらバス停に行ってバスで行った場所とは・・・

そう、中洲ですわ・・・。

もちろん目的は屋台のラーメン!!雨が降りしきる中、地元の友達がいたにもかかわらず、道に迷いその友達の友達に助けを借りたり、道行く可愛いお姉さんに道を聞いたりして、何とかたどり着いたのさ!!

やっぱり屋台は狭いけれどもどうしてあそこで食べるラーメンはあんなにおいしいんだろう・・・。そんなことを考えつつ完食して屋台を出て、その日は地下鉄で博多まで戻って近くのコンビニでお菓子や飲み物を買ってホテルに入ったとさ。

そして、二日目この日は8:30ごろまで寝ていて、チェックアウトぎりぎりまでホテルでだらだらしてたと。んで、チェックアウトして荷物をコインロッカーに預けて向かった先とは・・・。

キャナルシティー博多。たぶん地元の人は知ってるショッピングモールみたいなもの。なんか、いろんな店を見て回ったけど、ふつーに面白かった。

特に感動したのは傾斜のある動く歩道ってやつ。横文字っぽくいうと「オートスロープ」とか「オートウォーク」っていうらしいけど、すっごく新鮮だった。

今まで、普通の動く歩道って言うのは何回かあるんだけど、傾斜のあるものは始めてみたんだよね!!!早速、乗ってみるとすごく乗りやすいし、エスカレータみたいな階段になっていないので誰でも安全に使えてバリアフリー社会には打ってつけのアイテムだなぁなんて思ってたと・・・。

あともう一つ感動したのが、あそこの噴水。生まれて初めて人以外に拍手を送りたくなったもん!!!音楽に合わせて水が勢いよく上がって落ちていく姿がなんだかかっこいい。その姿に友達とともに見入ってしまったしな・・・。

そして、福岡土産を買ってそのあと向かったのは・・・

ヨドバシカメラ博多!!!やはり、電化製品の大好きな僕はここを行かずに帰るわけにはいかなかった。まぁ特に用事があって行ったわけではなかったけど、売り場面積の広さに感動し、満足して博多を帰ったとさ。

帰りは運良く500系のぞみで帰ってきました。あんまり500系って走ってないみたい・・・。

ちなみに行きは700系のぞみでしたがそれが何か??(ってなにを聞いてんの・・・??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

福岡旅行記・・・その1

今日の夕方、新幹線で無事に帰宅してました。なんだかんだいって楽しい旅行だったし満足したわ~~。

っていうか、福岡の町がものすごく好きになって、また行ってみたいなって思ったし~~!!なんか、町を歩いている人がみんなとても優しくてフレンドリーなんだよね!!

博多駅からバスでヤフードームまで行くんだけど、バス停で会ったおばさん二人組と仲良くなったりしたし。

しかし、天気が悪かった。開場前から少しずつ雨脚が強くなっていって、一緒に見に来た友達に傘を買ってきてもらってる間雨に打たれ、服はずぶ濡れになったけど優しいおばさんたちが傘に入れてくれたわけ。

そして、開場してもらうものをもらった後とにかく座席に行って荷物を整理してからネットまで降りていって選手の練習を見るわけ。

なんと、そこには「すぽんちゅ」でおなじみの宮本和知さんが取材をしてました。あと、各選手のバッティング練習を見てたけど小久保の打球はどれもすごかった。あの広いドームでスタンドイン連発だったし!!あとイ・スンヨプもだけど・・・。

ヤフードームって芝がものすごくきれいだよね!なんかフェンスとか座席の色が似ているからますますそうなのかもしれないけど・・・。すごく素敵な球場でした!!

肝心の試合はといえば、放送を見た方はご存知の通り3-0で広島カープが勝ったわけ・・・。

僕は最近どのチームが好きと勝って言うのはないから別にどっちが勝ってもいいわけ。でもさ、あまりに見せ場がなさ過ぎる。

なにせ、得点の入ったのはたった一回だけ・・・。ジャイアンツはといえば2塁踏むのがやっと、3塁なんか踏んでもいない。こんなつまらない試合があるかと・・・。

俺のドームまでの交通費を返せといいたくなります。そんな試合中、僕はあまりのつまらなさに睡魔に負けて眠りかけてた時、なんとファールボールが飛んできたわけです。しかも、僕の席の後ろの席に・・・。

つまり、僕はあと少しで取り返しのつかないケガをしていたかも知れないのです。当然、そのボールは僕が取れたはずもなく隣に座っていたおっさんに取られたし・・・。ちなみに、打ったバッターは確か巨人の二岡だったような・・・。もちろんそれで睡魔は飛んでいってくれましたが・・・。

それにしても、観衆が少なかったのには救われました。今日の新聞によると、その試合の観衆は22087人だったような・・・。

なので、パリーグの試合かと思うほど少なくて、まさか巨人戦をこんなゆったりと見られるとは思ってなかったし・・・。だって、僕たちの前後の席に誰もいなかったもん!!その点はよかったけど・・・。

続きはまた次回に回しますね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »